[ホーム] [管理用]

小虫板

[掲示板に戻る]

返信

投稿パスワード
おなまえ
E-mail
URL
タイトル
コメント
添付画像
MAX 500 KB

削除キー (記事の削除用。英数字で8文字以内)
投稿

個体変異 Name フッカーS 12/09/28(金)23:48 No.459   [修正]
コアオハナムグリで良いと思うんだけど、このコガネけっこう紋様の変異が多いようで、同じ紋様の同種を撮ったことがない・・・・中には体毛の色まで違うのがあるんです。

個体変異 2 Name フッカーS 12/09/28(金)23:50 No.460   [修正]
ホソヒラタアブも、季節によって腹部の帯紋の形が変わりますね。

個体変異 3 Name フッカーS 12/09/28(金)23:53 No.461   [修正]
これはニジュウヤホシテントウ(と思う)だけど、会合部最前列の黒紋がつながってて紛らわしいです。

個体変異 4 Name フッカーS 12/09/28(金)23:55 No.462   [修正]
ツマグロヒョウモンのオスなんだけど、後翅の紋が一部消失してました。

個体変異 5 Name フッカーS 12/09/28(金)23:56 No.463   [修正]
ハナグモのメスは、腹部の紋のバリエーションがあり過ぎ(笑)。

個体変異 6 Name フッカーS 12/09/29(土)00:04 No.464   [修正]
ヒシバッタの類は、個体変異の多さっていうより、もはや種の同定自体が困難・・・・orz
全国の亜種まで網羅したバッタ専門の分厚い図鑑を見れば見るほどどんどん分からなくなっていくのでした。
ちなみに、画像はコバネヒシバッタ(翅の基部側側面の窪みが1箇所で、翅がはみ出して無い)。ちょっと大きめに思えたのは、メスだったからかな。

無題 Name Hepota Home 12/09/29(土)20:57 No.466   [修正]
ツマグロヒョウモンは、青い部分の色が薄いと思いますが、模様はこれでよいのでは?

ニジュウヤホシテントウは、みんな悩んでいるようですね。
http://www1.ezbbs.net/cgi/bbs?id=issun_no_mushi&dd=39&p=118
オオニジュウヤホシテントウの腿節の黒班て裏側から見えるんでしょうか?

調べ直しましたが、黒班は裏から見えるようですので、ニジュウヤホシテントウで良さそうですね。

やっぱりアヤシイですね。未記載種がいるのだろうか…

無題 Name フッカーS 12/09/29(土)22:32 No.467   [修正]
ツマグロヒョウモンは後翅の上方の黒紋(右側青丸内)が消えてると思ったのですが、よく見ると前翅が下がってますので、前翅で黒紋の部分が隠れているだけですね(笑)。新しいカメラだと白みが強くて翅の境界がはっきりしないので、ぱっと見で紋が無いように見えてしまったようです・・・・orz
念のために今日、図書館に行って個体変異等について調べてみたんですが、やはり紋の変異については特に記載はありませんでした。

無題 Name フッカーS 12/09/29(土)23:02 No.468   [修正]
「相模国の〜」の一枚目の画像については、個人的にはニジュウヤホシの方だと思うんだけどなぁ・・・。「ニジュウヤホシは大腿部に黒斑がなく、エピラクナには黒斑がある」と書いてるのに、紋が大きく見えるだけで大腿部に黒斑がない個体をオオニジュウヤホシとしたのは矛盾があるし、胸部背の真ん中の紋が縦の剣状じゃなく横帯紋に見えるのもニジュウヤホシ的と感じました。紋の大きさってけっこう個体差があるようで、過去に同じ一株から採集した集団を室内観察したことがあるんですが、そのときも紋の大きさは全然違うのがいました。
ちなみに、食草(オオニジュウヤホシはナスやジャガイモ類)の点でもオオニジュウヤホシは比較的寒冷な地域に優先することからしても、都内では圧倒的にニジュウヤホシが多いと感じてます。
関東ではルイヨウマダラテントウが害虫化してて、誤同定も多いような記事を見かけますが、脚の黒紋と胸部背の剣紋を同時に持つ個体はまだ見たことが無いので、個人的にはまだ未見だと思ってます。
まあ、極めて同定が難しいのは確かで、出会うごとに必ず胸部背板と裏側の腹面を撮るようにしてますが、それでも毎回悩んでます(苦笑)。

全てニジュウヤホシ Name フッカーS 12/09/29(土)23:08 No.469   [修正]
・・・・のはず。
採集場所は近所の空き地で、全個体は1本の草から採集したもの。
よく見ると、サイズも紋の大きさもけっこう差があります。

無題 Name Hepota Home 12/09/30(日)07:08 No.470   [修正]
家の畑にいるのを調べてみましたが、オオニジュウヤホシテントウのようでした(ブログ参照)。
『テントウムシの自然史』によると、
> ニジュウヤホシテントウはやや小さく、すべての脚に黒色部がまったくなく、鞘翅の黒班の位置が異なるので、オオニジュウヤホシテントウとは容易に区別される。
と書かれており、紋の大きさについては書かれてませんので、やはり使えないのかもしれませんね。黒班の位置についてはよくわかりませんが…。

無題 Name フッカーS 12/09/30(日)10:46 No.471   [修正]
ブログ拝見しました。私もオオニジュウヤホシで合ってると思いました。やはり胸部背の剣状の縦に走る紋はポイントになりそうですね。
あとは、幼虫のときは見分けやすいので、幼虫の食べてる植物と時期を確認しておいて、一部を捕獲して室内で育ててみるしかなさそうです(笑)。
※ 添付画像のピンボケのオオニジュウヤホシ幼虫は、まだカメラが古いとき(2009年頃)に撮ったもの・・・・orz 場所は近所の猫の額ほどの公園内だったのですが、食べてた植物が後日無くなってまして、以後発見はならず。しかし、数は少ないものの都内でもオオニジュウヤホシが居ることはこのとき確認出来ました。


【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-