[ホーム] [管理用]

小虫板

[掲示板に戻る]

返信

投稿パスワード
おなまえ
E-mail
URL
タイトル
コメント
添付画像
MAX 500 KB

削除キー (記事の削除用。英数字で8文字以内)
投稿

やたら多い Name フッカーS 12/07/03(火)06:03 No.301   [修正]
ここ数日、やたらトビイロクチキムシを見かけます。特に新宿区ではたくさん見ていて、1本の木に10匹近くが群れていたり・・・・。この虫、多産するんだっけか?

無題 Name フッカーS 12/07/03(火)06:08 No.302   [修正]
この時期は普通にたくさんの虫が闊歩しているのでわざわざ樹皮はがしなんてしないけど、たまにケヤキの樹皮なんかをめくってみると、メダカチビカワゴミムシが高確率でたくさん出てきます。

無題 Name Hepota Home 12/07/03(火)20:54 No.303   [修正]
コ、コメントできん…。

これはヤツボシツツハムシ?

無題 Name フッカーS 12/07/04(水)02:51 No.304   [修正]
ヤツボシツツハムシで良いと思います。
コメントは別にいいんですよ、虫ふたばみたいな感じで、フランクに投稿してます(笑)。
とりあえず、テーマは「甲虫」?

無題 Name フッカーS 12/07/04(水)03:06 No.305   [修正]
そうだ、甲虫といえば・・・・・

最近でも昔でもかまいませんが、「オオコフキコガネのメス」を撮った画像をお持ちでしたら是非貼っていただけませんか。出来れば頭楯板が真上から写ってるものがあればありがたいです。
図鑑だと「オオコフキ/メスの頭楯はほぼ平行」となっているのですが、どこからどこまでが平行で、平行の度合いがどの程度か知りたいのです。図鑑の写真は小さくて、何だかよく分からないです・・・orz
よく「毛の色で区別」ってなことが書いてありますが、実際のところ色ではほとんど見分けられないような気がしています。

(この画像だと平行とは言えないのかなぁ??)

無題 Name AkeboNobashi Home 12/07/04(水)19:48 No.306   [修正]
それでは私も。
フッカーSさんの東京23区内の虫に載ってないもので、23区内で見たものをセレクトしてみます。
まず、アオバネサルハムシと思っているもの。

無題 Name AkeboNobashi Home 12/07/04(水)20:06 No.307   [修正]
時々見るハムシで、ヨモギトビハムシかなと思いながらも、ネット上の写真が余り無くて確信が持てないもの。

無題 Name AkeboNobashi Home 12/07/05(木)19:45 No.308   [修正]
手元の写真の中にコフキコガネが2枚ありました。役に立たないと思いますが、貼ってみます。小さい写真ですいません。2010年の暮れに、PCのHDDをSSDに替えたのですが、その時に大部分の写真を捨ててしまいました。

無題 Name フッカーS 12/07/06(金)00:43 No.309   [修正]
AkeboNobashiさん、ありがとうございます。
貼っていただいた画像の上段のメスは、体毛が黄色いし、頭楯板がはっきり斜めだと分かるし、スリムな印象もあるので、コフキコガネで良いんでしょうね。
私の場合は、体毛が今まで見た中で最も白く感じたし、体形が少し丸っこく見えるし、前脚の脛節側面の突起のうち先端から3つめが顕著に飛び出しているので最初はオオコフキを疑ったのですが、最終的には頭楯板が斜めだと感じたので図鑑ブログに「コフキコガネ/メス」として画像を上げたのです。つまり、同定の根拠は頭楯板の傾斜の仕方のみ・・・というわけです。ところが、改めて他の画像と並んでいるものを見ると、どうしても今回の個体だけが「浮いてしまう」のです。実際に図鑑ブログに貼ってある画像を見ていただくのが一番分かると思うのですが・・・・今回追加した3枚だけが、過去に貼ったものとは違って見るのです。外見の違いに加え、今回の個体を撮ったのが河川敷だったという点も疑惑を深めています。東京で主にコガネムシ類を撮っていて特にコフキコガネ類が好きだという方のサイトを見ると、東京でも多摩川河川敷であれば6月下旬頃から出始めると書いてありました。そのため、再度確認をし直そうと思ったのですが、なかなか頭部を拡大した画像と言うものが見つからず、行き詰っていたのでした。
とりあえず、私の方は再度河川敷で同じような個体を探し、今度は採集してじっくり頭楯を見てみようと思っている次第です。

無題 Name AkeboNobashi Home 12/07/06(金)22:50 No.310   [修正]
確かに3枚だけ雰囲気が違って見えますが、この3枚だけ太陽光で撮影されているのと、毛の密度に違いがある様なので難しいところですね。平行というのがどうもよく判りません。
私も、コフキコガネがいたら注意して観察してみたいと思います。

無題 Name フッカーS 12/07/07(土)00:18 No.311   [修正]
>この3枚だけ太陽光で撮影されているのと、毛の密度に違いがある様なので難しいところですね。

実は2段目の画像4枚も昼間の太陽下で撮っているのですが、フラッシュを使っているため夜間撮影かと思うような仕上がりになってます。今回の3枚については、これも最初はフラッシュを使用したのですが、体毛が白いのにフラッシュを使うと地色が強調されて赤っぽくなってしまったので、今回に限りフラッシュを使いませんでした。地色が今まで撮った個体と同じならおそらく黄土色っぽい感じに写ったはずですが、赤っぽく写ったということは今回の個体の地色が過去の個体に比べて赤みが強かったと言えるのかもしれません。この「赤みが強い」というのもオオコフキコガネの特徴の1つになっていますので、この点でも疑惑が強まります。

体毛についてはかなり抜けやすいみたいなので、今回の個体はそれだけ新鮮な個体だった」ということかもしれません。

ムシを撮っていると、図鑑とほぼ同じ「標準的な個体」に出会う事の方が少ないんじゃないかと思ったりします。だからこそ、写真1枚で種類を紹介している図鑑では情報が足りない、バリエーションを網羅した図鑑が欲しいと思う今日この頃です。自作している図鑑ブログではそこら辺を意識して、1種あたりの画像数を出来るだけ多くしようとしている次第です。

ちなみに、アオバネサルハムシは胸部が褐色のタイプしかとっていないので図鑑ブログにはまだ載せてませんが、一応撮ってまいます(笑)。

無題 Name Hepota Home 12/07/07(土)06:08 No.312   [修正]
むかーし、アオバネサルハムシと思った写真がありましたので貼ってみます。
葉っぱはヨモギっぽいです。

無題 Name Hepota Home 12/07/07(土)06:08 No.313   [修正]
本文なし

無題 Name Hepota Home 12/07/07(土)06:11 No.314   [修正]
こちらは別個体で、ヨモギの葉にいました。

無題 Name Hepota Home 12/07/07(土)06:15 No.315   [修正]
いま、上のと比べてみましたが、胸の形とか触角がずいぶん違うので、別種かもしれませんね。

無題 Name AkeboNobashi Home 12/07/07(土)07:32 No.316   [修正]
> 自作している図鑑ブログではそこら辺を意識して、1種あたりの画像数を出来るだけ多くしようとしている次第です。
そうなんですよね。フッカーSさんの図鑑、便利に利用させて頂いてます。
Hepotaさんの下2枚は、ちょっと形が違いますね。

ケチビコフキゾウムシと思っているものを貼ります。ゾウムシも似たものが多くて困ります。

無題 Name フッカーS 12/07/07(土)07:36 No.317   [修正]
Hepotaさんのは1枚目と2枚目はアオバネサルハムシですが、3枚目と4枚目はドウガネサルハムシの藍色型だと思います(銅金型をよく目にしますが、たまーに藍色型が居ますよね)。
ハムシって意外と酷似種が多くて、他の甲虫に比べるとはるかに誤同定が多いんじゃないかなと個人的に思ってて、超普通種のクロウリハムシやウリハムシですら気を抜いてると間違える可能性がありそうです。
ちなみに、私が最も苦手なのはトビハムシ(ノミハムシ)類で、ここら辺の酷似種の多さは異常・・・(笑)。

無題 Name フッカーS 12/07/07(土)07:49 No.318   [修正]
ちなみに、ドウガネサルハムシも、上翅のお尻側の幅がキュッと狭まってるのが同定ポイントの1つですが、雌雄で形が少し違ってて(たぶん)メスの方はお尻の方でもあまり狭まらないような気がしています。
(添付画像は顕著に狭まっているのでオス?)

無題 Name フッカーS 12/07/07(土)08:06 No.319   [修正]
上翅の微毛がはっきり確認出来るので、ケチビコフキゾウムシで大丈夫だと思います。東京都本土部昆虫目録ではSitonaはケチビ、ヒサゴ、チビの3種なので、毛が見えて3〜4ミリ台だったらケチビ、黒っぽくて6ミリ以上あったらヒサゴ、両者以外だったらチビ・・・で良いんじゃないかな(笑)。

(添付画像はメナガクチブトゾウムシ(チビメナガゾウムシ))

無題 Name Hepota Home 12/07/07(土)08:43 No.325   [修正]
> ドウガネサルハムシの藍色型
なるほど…

この写真を撮った2006ごろ、大掛かりなディフューザ(半球形のカップラーメンの入れ物を上からすっぽり被せるような感じのもの)を使っていたので、自然光に近い感じで撮れていましたが、2007年にE-410を買って、簡単なディフューザにしたところ、甲虫は奇麗に撮影できず、簡単な甲虫図鑑しか持っていなくて同定もできず(詳しいのを見ても同定できないのかもしれませんが)、だんだん甲虫の撮影をしなくなってしまいました。


【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-