[ホーム] [管理用]

小虫板

[掲示板に戻る]

修正

投稿パスワード
おなまえ
E-mail
URL
タイトル
コメント
添付画像
MAX 500 KB

削除キー (記事の削除用。英数字で8文字以内)
投稿

無題 Name フッカーS 14/01/09(木)22:14 No.623   [修正]
いろいろ調べていただきありがとうございます。
あれからこちらでも調べていたんですが、原記載はよく見つけましたねー(私は見つけられなかった)。
しかし、ケヤキ樹皮裏で普通に見つかるテントウの生態がここまで謎に包まれてるとは意外というか、驚きでした。とりあえず、単為生殖という情報が確かなのであれば、樹皮裏からレアな幼虫を探すより、成虫を飼育して産卵させ、孵化した幼虫を飼育・・・の流れの方が容易な気がするので、そちらを試してみたいと思います。今週末にでも、ケヤキの樹皮めくりに行こうと思いますが、出来るだけ多くの個体を採集した方が良いでしょうね。
餌については、こちらでは成虫がフクロカイガラムシ科のサクラアカカイガラムシ(Kuwanina parva)を食べていたという情報がありました。ただ、サクラアカカイガラムシの寄種や発生時期がぼんやりしている上、どんな外見なのかがよく分かりませんでした。Kuwanina属を画像検索しても画像がヒットしないのですが、唯一見つけたKuwanina obscurataに似ているのだとすれば、ほぼ円形に近いアカカイガラムシっぽいヤツってことになりそう?
他には、クワシロカイガラムシの天敵として名前が挙がってますが、これが本当ならクワシロは寄種も多いし見つけるのも容易そうなので、これを試してみようかとも思ってます。
新年早々、なかなか興味深い展開になってきました(笑)。しかし、過去にムツボシテントウを飼育した研究者はいなかったのか・・・・それとも飼育が意外に難しくて失敗したのか?飼育してみれば、その真相がわかるかもしれませんね・・・・。
- GazouBBS + futaba-